2015年04月14日

フランス日記by亮太

VINICIRCUSへ出発前

Histoire de vins にはティエリーや色々な地方の生産者がサロンの前に直接ワインを配達しに来ます。

5A9CB303-FCEB-4BE6-8BF8-015D7291610D.jpg

直接意見を交換しあったり、フランスならではですね。
97BA6423-2921-4F62-9467-E47ACBFAF9F3.jpg
そしていよいよVINICIRCUS会場へ到着。

レンヌから北へ30分くらい行った小さな町の体育館を使っています

3年前はまでの10年間は本当にサーカスのテントでやっていたみたいで、それを演出するような会場作りになってます。

このサロンの企画者はここの市長らしいです。心強いですね。

A9258688-2EB2-4B6B-B98D-884487C0FC4B.jpg
前夜はスペインのから来た料理人の本番パエリヤ。
迫力ありました。

そしてサロン開催。
C8DBEF19-7BDB-4153-A0C3-0BB9DCA5AF67.jpg
彫るように準備された樽はシードルを作るための樽です。
さすがブルターニュですね、初めて見ました。
ワイン用とは材質も違い、彫りにくくて仕方がありませんでした。

C476B5AA-6593-4370-A950-91564E218A94.jpg
ポンポンルージュは箱買いの人が多いみたいです。
日本にも来ないかなー

7CCFFE2A-A91A-48F9-8AD1-99CA5719CE7B.jpg
個人的にゴリ押しのステファン・モラン
華やかで、しっかりしてて好きです。

8F7C3EE9-7F6B-4774-ADED-917D10A76D57.jpg

そしてティエリー・ピュズラが扱いだしだした、土佐しらぎく。
フランスの試飲会で観れるのが嬉しいです。

52862D7B-0BBE-4123-92F1-80E964358A17.jpg

1日目の晩餐は600人。2日目は300人。
ちなみに2日目の夜は前回紹介した、クリスさんの料理でした。

こんな大人数で、よくこんなに美味しく作れるなー。と感心しまくりでした。

4AF27D29-22F5-4F29-85A1-D04AA2B311D5.jpg

樽はすごく雑な仕上げになってしまい泣きそうですが、一応完成。
樽がステージに上がっている姿が誇らしかったです。

96E56927-3A75-42F2-84B1-924D7F5A9AC4.jpg
夜遅くまで続きます。。。

ボランティアの方々や色々な人の協力で成り立った、とても良いサロンに参加できてとても嬉しく思います。

F3FDDBA5-4060-4B4D-904A-AB8BF8BF5CB1.png

そしてサロンに来ていた、
ドメーヌ・ミランのテオ君にお願いしパリへ到着。
本当にいい人。

D588EFF0-2525-4061-A162-F0E4AD32BFBC.jpg

また楽しい事が起きそうです。


posted by スタッフ at 02:20| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス日記by亮太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。