2001年02月06日

酒スペック王子 by 田中 【麹魂 2015.2.6】

kirakirabottle.jpg


日本酒セラーで麹魂のためのネタを探していると、
「春霞おいしいですよ。蔵付き酵母を培養して『亀山酵母』ってのができて、
それで造ったお酒、きっと福岡のお酒が好きな人は好きじゃないかなー」と独り言のような声。

声の方に振り返るとそこには永島さん
どちらかというと春霞はカタイお酒のイメージだったけれど、
この亀山酵母で醸したお酒は爽やかな香りでフルーティで、米の味がやわらかい、と教えてくれた。
さすが永島さん、静かにお酒を定点観測。
永島さんはずっと酒販業界で働いてきた生粋の酒屋マン。
口数は多くないけれど、少し話すとお酒への情熱が静かに燃えているのがわかる。

知らない酒米の名前が出てくると、だいたい永島さんに聞いてみるといい。
「その米の父親は◎◎で母親は▽▽ですよ」という具合に即座に答えが返ってくる。
麹や米など、酒の設計の細かい部分、
細かければ細かいほど永島さんの知識ストックは掘りがいがある。
ひょろっと細身で身長も高いから“酒スペック王子”とこっそり名付けた。

*永島さん…とどろき酒店であべ店長の次に古いスタッフ。蠍座B型左利き
posted by スタッフ at 15:57| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒屋こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413611279
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。