2015年01月31日

齊藤ぶどう園さんに行ってきました ! 〜第3回コップの会 in 博多〜 by 亮太

mmasakoandsadao.jpg
現園主の齊藤貞男さん(左)と孫の雅子さん

山梨へ研修に行く前に、最近とどろき酒店でもお取り引きが始まった千葉の齊藤ぶどう園さんへ行ってきました。

齊藤ぶどう園は、現園主である二代目齋藤貞男さんのお父さんが1930年に松林を開墾して葡萄園を始め、1938年に陸軍軍需工場の指定を受けて酒石酸を作る目的で醸造免許を取得してワイン造りを始めたという千葉で唯一のワイナリーです。

今回は去年9月に四恩醸造での研修で偶然お会いした、貞男さんのお孫さんである雅子さんに案内役をお願いしました。

葡萄園からそう遠くない山の中にある坂田畑、海から4キロの雅子さんの実家の横にある畑、地下のカーブまでしっかり見せていただきました。草を食べてくれるガチョウ、カーブでは戦後に色々な日本酒蔵からもらってきた約400ℓの酒母タンクを使ってワインが仕込まれているのには歴史を感じ、印象的でした。

昔から天然酵母で造るのがあたりまえで、発酵するタンクを冷やすのも井戸水だったり。貞男さん雅子さんと話をしていて感じたのは、意識をして自然な造りを目指していると言うよりは無理なく当たり前の造りをずっと続けて、それを地元の皆で飲み合って楽しむ。ただそれを続けているだけで何も着飾って無い感じがとても良い印象でした。

「今は孫の雅子が色々なところでワインの勉強してきて品質も上がって色々な人に飲んでもらえるのがとてもありがたい事です。今回も博多からありがとうございます」と貞男さんに言ってもらい、ジ〜ンときました。

今年大学院を卒業予定の雅子さんが、四恩醸造の研修も続けながら、これから本腰で齊藤ぶどう園を引っ張って行かれると思うのでこれからも楽しみなワイナリーです。

コップの会にも参加して頂けるので是非会いにきて来て下さいねー◎

saitomasako.jpg
第3回 コップの会 in 博多
日時 3月15日(日)1部 13:00〜15:00 2部 17:00〜19:00
場所 D&DEPARTMENT FUKUOKA
チケット 5,000円(6ワイナリー十数種類のワイン・軽食ブッフエ・木村硝子コップ&コップホルダー付)
※前売りのみです
詳細はこちら


齊藤ぶどう園のHPはこちら

sgacyo2.jpg

ssadao.jpg

sshibori.jpg

slabel.jpg





posted by スタッフ at 15:08| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント&試飲会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。