2013年05月29日

ネクストスタンダードbyとどろき


image-20130529140644.png

今、仙禽がおもしろい。いや、以前からそーとーにキャラ立ちのいい酒、キャラ立ちのいい蔵元ではあるが改めておもしろいのだ。


ちょい低めのアルコール、でもきっちり日本酒というものがもっと美味しくできないものか。最近では秋田の新政のNo.6シリーズや雑賀のクールダウンなどがこのタイプで素晴らしいお酒をリリースしている。我が道を行く仙禽の表現はどう?

クラシック仙禽と名付けられた新ラインはネーミングとラベルこそクラシックだが感覚は次世代。でもしっかり仙禽の味。私が説明するより、仙禽薄井専務の文章がユニークなので下記をご参考に。クラシック仙禽シリーズは日本酒のネクストスタンダードです。

クラシック仙禽 雄町50  3,000円

完熟桃のような豊かで豊満なファーストフレーバー。余韻の長い香りに導かれ、口に含むと15%とは思えない豊潤な旨み+酸味+甘味のアタック。それそれがバラバラではなく、手をつなぎ円になって口中を万華鏡のように駆け巡る豊な味わい。


・原酒でありながらアルコール度数は15度です。
・今までの仙禽とは全く違う醸造方法を用いています。
・上槽後、3日以内に火入処理(瓶火入)を行っています。
・今までの仙禽シリーズと比べ、より原料米の個性を引き立たせます。
・往年の仙禽ラベルを復刻し、早期の火入処理のスタイルにより「クラシック」と呼称しています。

数が少ないので、気になる方はお問合せください
とどろき酒店 TEL092-571-6304

posted by スタッフ at 14:07| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。